大学に入学して、欧米芸術史など、各種訓練を決める。また、興味のある習い事を長時間決める。お公演などを頻繁に観に行きます。

キャンパス時代、通学日数が長くて、中位文明などの説明はいまいち勉強せず、また、専攻した学科の講習は、今から思えば、大して実のある説明ではなかったので、キャンパスに再入学して、只今、興味のある、欧米芸術史、精神学、全国人前史(江戸時代)の講習を受け、書屋司書の認可、学芸員の認可を取ります。

景気、常識、マネジメント学の説明も受けます。

また、薬にも興味があるので、受験演習をして、薬学部に入ります。

それから、テニスが大好きなので、テニス教室に入って、ロブ、スライス、航行をかけたショットを打つなど、一通りの熱演ができるようになります。

また、ピアノも好きなので、ピアノを買い、レッスンを受けて、絵空事は著しく、「ラフマニノフのピアノ協奏曲第後」がはじけるように練習します。

洋裁にも興味があるので、不器用なヤツでも、簡単に操作できる、ハイスペックなミシンを買い、洋裁スクールに通って、自分で、好きなマテリアルを選んで、自分の好みの姿のスカート、ワンピース、アウターを焼けるようになります。

歌を歌うことも好きなので、ボーカル教室に通って、歌が賢くなるようになります。

それから、お舞台が好きなので、面白そうですなと思った演劇、ミュージカル、歌舞伎、落語に頻繁に行きます。添削 バイト